一括、保証などタイプごとに見たファクタリングのメリットと、デメリットとは?

銀行の看板

新着情報

▶2018/02/16
ファクタリングの種類の情報を更新しました。
▶2018/02/08
ファクタリング契約で確認すべきポイントの情報を更新しました。
▶2018/02/08
ファクタリングのデメリットの情報を更新しました。
▶2018/02/08
ファクタリング契約で必要な書類の情報を更新しました。
▶2018/02/05
ファクタリングのメリットの情報を更新しました。

ファクタリングの種類

企業などが保有している売掛金などの権利、できるだけ早く調達したいという経営者も多いはずです。
このように、会社の権利を早く徴収する時に便利なシステムがファクタリングです。
このシステムは、その方法によって次の種類に分類できます。

一括タイプ

商談を行っている男性

会社が保有する、売掛金などの売上債権を早期に現金化する手段がファクタリングです。
この方法には様々な種類があり、その中の1つが一括タイプになります。
一括タイプは、専門業者が企業から売上債権などを購入し、その権利と引き換えにお金を支払うシステです。
一括タイプの方法は、2者間と3者間との取引とに分かれます。
2者間の方法と3者間の方法にはそれぞれに特徴がありますが、その違いは、専門事業者が支払企業に関係しているかどうかになります。
このシステムを利用する企業経営者は、その多くが、売上債権の譲渡の事実を対象支払企業に秘密にしたいと思っています。
そのために最も有効な手段が、この2者間取引です。
2者間の手法であれば、支払企業の了承を得ることなく売上債権などの譲渡が可能です。
なお、3者間の場合、その中に支払企業も含まれます。
このように一括タイプの方法には2者間と3者間での方法がありますので、頭に入れておきましょう。

保証タイプ

次に保証タイプのシステムです。
保証タイプというのは、売上債権などの金額を保全するシステムになります。
このタイプは、どちらかというと保険的な内容に近いです。
上記で紹介した一括タイプとの相違は、売上債権について保全する点にあります。
このように、あくまでも企業側の売上債権にこだわっていますので、支払企業が倒産したり支払不能に陥ったりした場合は、専門事業者が依頼企業側に現金を支払うことになります。
なお、保証タイプには下請債権保全システムがあり、これは、建設業者や資材事業者などがサボートしてくれる制度です。
下請債権保全システムですが、建設事業者の保証料金の2/3までを国土交通省が負担してくれます。
このように保証タイプは、売上債権の金額を保全する制度になります。

医療報酬債権タイプ

医療報酬債権タイプは、医療機関が社会保険や国民保険を請求する権利を専門事業者が購入し、それを現金化するシステムです。
一括タイプとの相違は、その権利が医療報酬債権であることや、支払企業が国保や社保である点です。
さらに医療報酬のみならず、介護報酬や調剤報酬なども請求範囲に含まれるのが大きな特徴と言えます。
その他の事項は他のシステムと基本的に同じであり、こちらは、一括タイプの3者間の手法と同じです。
しかし、3者間取引と言っても、通常は、国保や社保の同意を必要としない場合がほとんどです。
このような特徴があることから、医療報酬債権タイプは、医療機関が行うシステムと言えます。

国際タイプ

国際タイプはグローバルファクタリングとも呼ばれており、専門事業者が輸出債権を取得するシステムになります。
国際タイプと一括タイプとの相違は、権利が輸出債権である点です。
また、専門事業者同士が提携としながら事業を行うのも大きな特徴だと言えます。
なお、国際タイプは、専門事業者が輸出企業などの支払企業からの代金を調達するのが目的です。

一括タイプと保証タイプの共通点

上記のようにファクタリングには4つの種類がありますが、売上債権のあるすべての業種で利用できるとされているのが、一括タイプと保証タイプになります。
このように2つのタイプには共通点がありますが、具体的には次のような感じです。
資金繰りが悪化するなどして、すぐにでもお金が必要な企業は一括タイプを、そして資金繰りの問題ではなく、売上債権の徴収を目的としている企業は保証タイプのシステムが有効です。
それぞれ特徴がありますので、初めて利用する方は、まずは専門事業者に相談してみるといいでしょう。
専門事業者が、その企業に合った方法を提示してくれるはずです。

保証タイプの活用

建設や資材産業を目的とする企業も、一括タイプのシステムの利用は可能です。
しかし、資金調達ではなく、現在保有している売上債権の保証を一番に考えているのであれば、やはり下請債権保全システムの利用をオススメします。
現在、建設業や資材産業などの職種を経営している方は、下請債権保全システムの内容を確認しておきましょう。

メリットやデメリットの確認を

楽しく談笑している男女

資金調達の方法には、上記の4つの方法があり、それぞれに特徴があります。
これらの方法は、現金を早期に徴収するのは同じですが、その種類によっては保証を行う手段にもなりえます。
ですので、みなさんの企業の実態や事業目的に合ったシステムの導入が望まれます。
そのためにも、それぞれのシステムの、メリットやデメリットを今一度確認しておきましょう。

企業に合った方法を選定しましょう

資金調達の方法を紹介しました。
上記でも紹介したように、実際には4つの方法がありますので、それぞれの企業に合った方法を選定してください。
なお、不明な点などは、専門事業者に相談して解決しておいてください。