ファクタリングのデメリット

銀行の看板

ファクタリングのデメリット

売掛金などを簡単に資金調達できるなど、メリットが多いことで知られているのがファクタリングです。
しかし、デメリットもありますので、制度を利用する際は総合的に判断しましょう。
ここでは、そんなデメリットを紹介します。

手数料が高い

デメリットとしては、まずは手数料が挙げられます。
それぞれの専門事業者によって利用料金は異なりますが、高い業者もありますので、利用する際はしっかり調査しておくようにしてください。
例えば一括タイプには、2社間と3社間の取引がありますが、手数料はこの2社間と3社間とでも異なります。
このうち2社間の場合は、買取売掛額の10%〜30%程度、また、3社間であれば権利額の1%〜5%程度が目安と言われています。
このように専門事業者によって料金が異なりますので、コストパフォーマンスの面からの考察も必要です。
システムの利用が初めての方は、一度専門事業者に相談してみるといいでしょう。
また、実際に利用した人たちから、体験談などを聞いてみるのも1つの方法だと言えます。

資金確保の限界がある

近未来的なスマートフォン

ファクタリングはとても便利なシステムですが、資金確保の面の限界がありますので注意しておいてください。
このシステムは、企業の売掛金がないと資金の確保はできません。
そのため、月商以上の資金は調達できない性質を持っています。
このように資金確保には限界がありますので、利用する際は十分に注意する必要があります。
どうしても月商以上の資金が必要な方は、他の方法を模索してください。
その企業に合った方法が見つかるはずです。

取引先の承諾が必要

デメリットとしては、この承諾の面もあります。
例えば、3社間で行う場合、専門事業者と依頼会社は、売掛先の取引先とも取引をすることから、その会社の承諾が必要になります。
取引先がきちんと同意してくれれば問題はありませんが、拒否することもあるようです。
さらにこの場合、依頼会社も取引先より経営難の会社とみなされてしまい、今後の事業に大きな影響が出ることも懸念されています。
これを回避する方法として2社間の方法もありますが、この方法を取るとその分の料金が高くなります。
このように、相手会社の承諾が必要ですので、利用する際は注意しておきましょう。

デメリットを確認しておきましょう

債権回収など、資金調達に便利なファクタリングですが、このシステムにはメリットだけでなく、デメリットもありますので注意しておきましょう。
なお、デメリットについては上記でも紹介していますので、一度確認しておいてください。

  ← 前の記事: