ファクタリングのメリット

銀行の看板

ファクタリングのメリット

企業が保有する売掛金などの債権を回収する方法として利用されているのが、ファクタリングというサービスです。
実際に導入している企業もあり、そこには様々なメリットがあります。
ここでは、このサービスのメリットを紹介します。

とても簡単です

企業の売掛金や事業資金などの調達方法の1つ、として知られているのがファクタリングのサービスですが、このサービスを利用すれば簡単にお金を徴収できるのが大きなメリットと言えます。
実際に経験のある方はおわかりかと思いますが、比較的簡単に資金を徴収できます。
資金調達方法としては、銀行など金融機関からの融資もありますが、金融機関からの融資では企業の経営状態も関係してきます。
経営状態が良ければ問題ありませんが、赤字などがあれば審査に受かるのは難しいでしょう。
その一方で、こちらのサービスは融資ではありませんので、審査に通りやすいです。
このように、比較的簡単に資金を徴収できるのが大きなメリットと言えます。

経営を正常化できます

メリットとしては、経営の正常化も挙げられます。
このシステムでは売掛金の売却で必要な資金を取得できますので、急な出費などにも対応できます。
また、支払い金の不足があっても大丈夫です。
そして銀行などの金融機関からお金を借りるわけではないので、担保を供する必要もありません。
担保が必要となると事務手続きに時間がかかり、実際にお金を得ることができるまでかなりの時間を要します。
しかし、こちらのシステムであれば、担保を準備する必要がないので、早い段階で経営の正常化を期待できます。

企業の信用力が高くなります

企業の信用力が高くなり、これもメリットだと言えます。
サービスの利用によって資金を得ることができれば、企業の貸借対象表のスリム化を期待できます。
そのため、銀行などの金融機関からの信用度もアップします。
例えば、償還請求権のない債権譲渡を行う専用事業者に依頼すれば、たとえ売掛先が倒産などして資金を回収できなくなった際も、依頼者は負担する必要はありません。
そのため、企業の貸借対照表が負債になることはないのです。
貸借対照表が正常であれば、金融機関からの信用度が増し、今後の経営安定化に繋がります。

メリットを活用しましょう

企業が保有している売掛金などの債権を徴収する方法として注目されているファクタリング、実際に採用している企業も少なくありません。
上記のように、このシステムには様々なメリットがありますので、資金調達に悩んでいる方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

  ← 前の記事: