ファクタリング契約で必要な書類

銀行の看板

ファクタリング契約で必要な書類

会社の売掛金など、債権の回収や資金調達が簡単にできるのが、ファクタリングのサービスです。
利用する際は専門事業者と約定することになりますが、その際はいくつか書類を用意する必要があります。
ここでは、サービスの利用に必要な書類を紹介します。

サービスの約定に必要な書類

これから、ファクタリングを約定する会社もいると思います。
このサービスを利用する際は、事前に専門事業者と約定を交わす必要があります。
また、約定の際は書類も必要ですので、早い段階から用意しておくといいでしょう。
なお、契約する際は次の書類が必要ですので確認しておきましょう。

商業登記簿謄本

まずは商業登記簿謄本です。
これは会社の商業登記を証明する書類であり、約定の際に必要ですので事前に用意しておきましょう。
なお、商業登記簿謄本は法務局でもらえますので、料金などをチェックしておくといいでしょう。

印鑑証明書

印鑑証明書は、契約書の署名押印を証明するため必要です。
またこれに加えて、会社経営者自身の本人確認書類が必要になることもあるようです。
そのへんはそれぞれの専門事業者によって異なりますので、確認の方を忘れないでください。

決算書の写し

約定には、決算書の写しも必要です。
決算書のコピーについては、基本的には直近の3年分と言われています。
なお、決算書については、税務申告が終わった押印のあるものが必要になります。
また、前回の決算月から日数が経過している場合は、試算表の提出を求められることもあるようです。
決算書について不明な点は、専門事業者に問い合わせておくといいでしょう。

売掛先との取引内容を記載した書類

売掛先との取引内容を記載した書類としては、売掛債権の対象となった商品やサービスの、発注書、請求書、納品書などが該当します。
その他に、以前に行った入金がわかる書類などもあれば用意しておきましょう。
これらの書類も、売掛先との信頼性を証明できます。
なお、約定では、支払期日までに入金がきちんと行われているかどうかが大きなポンイトになります。

売掛先と締結した契約書

売掛先と締結した契約書も必要ですので、事前に用意しておきましょう。
なお、契約書については、本契約を締結している場合に限ります。

専門事業者と約定する際は以上の書類が必要ですので、関係書類を用意しておきましょう。

早めに用意しておきましょう

企業の売掛金などの資金調達を簡単にできることで注目されているファクタリングですが、約定の際は必要書類が必要です。
上記でも紹介していますので、事前に揃えておきましょう。
書類について不明な点は、早めに専門事業者に連絡して確かめておいてください。

  ← 前の記事: